【トピック】「出生率低下 年金底上げ多難」と題する新聞記事を読みました。

8月4日の読売新聞の朝刊に掲載されていた記事です。 政府が2025年に予定する次の年金改革に向けて、厚生労働省の審議会で9月にも議論が始まるとして、新型コロナウィルス禍の影響などで少子化が加速し、将来の大幅な給付水準低下が懸念されるため、給付をどうかさ上げするかが最大のテーマになる見通しだとして今後の議論を展望しています。 …
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その58)「心疾患による障害」の認定基準について

今回も、前回に続き「異常検査所見」について書いていきます。診断書の様式はコチラを参照ください。 今回の異常検査所見は、『F』・・・「左室駆出率(EF)40%以下のもの」です。 これには注意書きで「補足」が次のとおり書かれています。  心不全の原因には、収縮機能不全と拡張機能不全とがある。近年、心不全症…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が「2021年度業務概況書」を7月1日に公表しました。

年金積立金の運用収益額は、10兆925億円のプラスで、収益率は5.42%となり、2年連続の黒字だったそうです。ロシアによるウクライナ侵攻や海外金利の急上昇などで、金融市場全体の変動が大きくなる局面があったが、年度を通してできる限り基本ポートフォリオを維持するよう、資産間のリバランスを機動的に行って安定的な運用に努め…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】令和3年簡易生命表の概況が公表されました。

 令和3年簡易生命表は、日本における日本人について、令和3年1月から12月の1年間の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によって表したものだそうです。  この令和3年簡易生命表によると、男の平均寿命(0歳の平均余命…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】柳川市の令和3年度分の国民年金保険料の納付状況が出ました。

令和3年度分保険料の福岡県の納付率は69.9%だそうです。【令和元年度分保険料の最終納付率も出ました。】(8/7追記しました。) 県内のトップ10を書きますと、次の通りです。 1位・・・みやま市(83.2%)【87.0%】 2位・・・八女市(81.2%) 【85.7%】 3位・・・大木町(81.0%) 【86.8%】 …
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】次期将来推計人口の結果が令和5年の早い時点を目途に取りまとめられるようです。

これは社会保障審議会「人口部会」の第21回会合が6月23日に開催され、その中で明らかにされたようです。 将来推計人口は、少子化等の人口動向について、観測された人口学的データの過去から現在に至る傾向・情勢を将来に投影し、その帰結としての人口の姿を科学的に描いたもので、未来を当てる予言・予測を目的としたものではないとのことです。 …
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】厚生労働省年金局が「令和3年度末時点の公的年金加入者の状況」を公表しました。

 それによると、過去2年間の国民年金保険料を全く納付していない第1号被保険者(未納者)は106万人で前年度から9万人減少し、未加入者は前年度と同じ9万人となっているそうです。この未納者と未加入者の公的年金加入者に占める割合は約2%で平成29年度から続いているようです。 (資料はコチラから)  国民年金第1号被保険者は1412万人…
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その57)「心疾患による障害」の認定基準について

今回も、心疾患の障害認定要領にある「異常検査所見」について書いていきます。診断書の様式はコチラを参照ください。 今回の異常検査所見は「E」で・・・「心電図で、重症な頻脈性又は徐脈性不整脈所見のあるもの」です。  これは、不整脈がある場合で、それが重症と診断されたものということです。  不整脈には、①刺激生成異常と②刺激…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】総務省から令和3年平均の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」(2人以上の世帯)の結果が公表されました。

 家計調査は毎月行われており、「家計収支編」と「貯蓄・負債編」に分けて公表されます。この「貯蓄・負債編」の調査範囲は、全国の2人以上世帯で、調査する世帯は、168市町村から2人以上世帯8076世帯を無作為抽出法で選定されています。(総務省の公表なのでリンク許可の関係でリンクはしていません。ご了承願います。)  今回の2人以上の世帯…
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】10月以降に準備が整った時点から健康保険の保険給付金の受け取りがマイナンバーで登録の公金受取口座で受け…

 厚生労働省保険局は5月末に全国健康保険協会に対して、公金受取口座を活用した保険給付等に関する通知を出しました。  対象となる健康保険の保険給付等とは、被扶養者への家族保険給付を含む「傷病手当金」「出産手当金」「出産育児一時金」「埋葬料」「療養費」「高額療養費」及び退職後の「任意継続被保険者の保険料の保険料の還付金」となります。{…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】厚生労働省が近く民間事業者向けに公的年金の試算に不可欠なデータやプログラムを公開するという記事がありま…

 令和4年7月15日付けの日本経済新聞に「将来の年金 アプリで把握」というタイトルで、要約すると、足元の物価上昇で預金の実質的な価値は目減りしており、少子高齢化で将来的な年金不安もあって、個人が自ら資産運用する必要性が高まっているとして、老後資金を把握するためには、「公的年金への正しい理解が不可欠」とみて、今年4月に試験運用を始めた「公…
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その56)「心疾患による障害」の認定基準について

 今回も心疾患の障害の認定要領にある「異常検査所見」から書いてみようと思います。診断書の様式はコチラを参照ください。  今回の異常検査所見『D』は、・・・「心エコー図で中等度以上の左室肥大と心拡大、弁膜症、収縮能の低下、拡張能の制限、先天性異常のあるもの」です。 「心エコー」とは、心臓超音波によって体…
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】令和4年福島県沖地震の復興業務等に従事したことによる定時決定における特例措置(特例保険者算定)が設けら…

 令和4年度の健康保険・厚生年金保険の保険料の算定の基礎となる毎年4月~6月に支払われた報酬に基づき決める標準報酬月額の定時決定において、令和4年福島県沖地震の復興業務等に従事したため、報酬が一時的に変動(増加した後に減少)した場合の特例的な取り扱い(特例保険者算定)が設けられたとのことです。健康保険・厚生年金保険の事業所の事業主の方へ…
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その55)「心疾患による障害」の認定基準について

今回は、異常検査所見の「C」について書いてみます。 異常検査所見「C」・・・「胸部X線上で心胸郭係数60%以上又は明らかな肺静脈性うっ血所見や間質性肺水腫のあるもの」 ① 「心胸郭係数」60%以上・・・「心胸郭係数」(心胸郭比)とは、胸部X線写真によって心臓の拡大の程度を知る方法で、胸郭(胸椎・肋骨・胸…
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】新型コロナウィルス感染症の影響による健康保険・厚生年金保険の標準報酬月額の臨時特例措置がさらに延長され…

令和4年6月まで延長されていた新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業により、著しく報酬が下がった場合に、健康保険・厚生年金保険料の基になる標準報酬月額の特例改定が行える措置が、令和4年7月から令和4年9月までの間に著しく報酬が下がった場合にも行えることになりました。詳しくはコチラを参照ください。
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その54)「心疾患による障害」の認定基準について

今回は、異常検査所見の「B」について書いてみます。 異常検査所見「B」・・・「負荷心電図(6Mets未満相当)等で明らかな心筋虚血所見があるもの」とあります。 「心電図」で皆さんがよく取られるのは、ベッドに横になって検査する「安静時心電図」です。前回の異常検査所見「A」でも「安静時の心電図において・・・」とありましたね。この…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】社会保障の受益(給付)と負担が会議で取り上げられています。

❶政府の全世代型社会保障構築会議は第5回会合を開き中間整理を取りまとめました。 「勤労者皆保険」の実現に向けて、令和4年10月からの厚生年金保険適用事業所の適用拡大を着実に実施すると明記し、さらに「企業規模要件の撤廃も含めた見直しや非適用業種の見直し等を検討すべき」としました。  また、中間整理の総論部分の「全世代型社会保障…
コメント:0

続きを読むread more

【トピック】令和2年度の厚生年金保険の離婚分割状況が令和2年度社会保険事業年報の中で公表されました。

令和3年の人口動態統計月報年計(概数)が6月3日に公表され、合計特殊出生率が1.30に低下したことは新聞に書かれていたと思います。 この中で、婚姻件数は、平成25年から減少が続き、令和婚で7年ぶりに増加したが、令和2年から再び減少し、50万1116組で戦後最小となったみたいです。また、離婚件数も前年より8867組減少し18万438…
コメント:0

続きを読むread more

【年金改正】支給開始年齢の選択の幅が広がりました。

様々なメディアで「老齢年金の繰下げ受給の上限が70歳から75歳に引き上げられました。」のニュースが流れましたので、もう皆さんもご存じかもしれませんね。(図解資料はコチラを参照ください。) ただ、注意しておく点を書いておきたいと思います。 まず、対象者ですが、誕生日が昭和27年4月2日以降の者または平成29年4月1日以降に受給…
コメント:0

続きを読むread more

障害年金(その53)「心疾患による障害」の認定基準について

今回から、心疾患の各障害等級の一部例示にある異常検査所見の「A、B、C、・・・」について書いてみます。(医学的なものはあまり自信がありませんので、ご容赦ください。) 検査には、血液検査(BNP値)、心電図、心エコー図、胸部X線、X線CT、MRI等、核医学検査、循環動態検査、心カテーテル検査(心カテーテル法、心血管造影法、冠動脈造影…
コメント:0

続きを読むread more